バカラのルールと遊び方

カジノで遊ぶテーブルゲームの王様はなんといってもバカラ

ポーカーやブラックジャックなどは、カジノでなくても気軽にトランプゲームとして遊べますが、バカラだけは賭けを目的とするカジノでなければ遊べません

普段トランプゲームとして遊ばない分、「名前は知っているけど、遊び方は知らない」という方も多いのでは?

実はバカラはとても簡単なルールになっていて、シンプルなゲームです。

もちろん深く知りたい方は「スコアカード」や「しぼり」を覚え、推測・計算してみるとさらに楽しいと思いますが、ここでは、省きます。

それを知らなくても、全然困らないからです。

バカラは、プレイヤーとバンカーの勝負で、どちらが勝つか予想して賭けるゲームです。

まぁ、夫婦喧嘩している二人を見て、どちらが勝つか周りの人間が賭けるようなものです(笑)

ポーカーやブラックジャックのように、自分でカードを引いてプレイするわけではありません

そこが大きく違うところで、一般のトランプゲームのように仲間で遊ぶことができない理由です。

バカラ基本ルール

1.バカラは、カードの合計数の1の位の数が9に近いほど「勝ち」になるゲームです。

2.カードの数の数え方

A・・・として数えます

2~9・・・そのままの数が適用されます。

10と、J、Q、Kの3枚の絵札・・・として数えます。

3.プレイヤーか、バンカーのどちらが勝つか賭け当たれば賭け金が2倍になって戻ります。

4.ただし、バンカーにかけて当たった場合は、5%のコミッションが引かれます。

5.プレイヤーかバンカーのどちらかに賭け、引き分けた場合は賭け金が戻ります。ここは、ポーカーなどとは違いますね。

6.引き分け(タイ)に賭けることもできます。当たったら、なんと9倍になって戻ってきます。

7.2枚のカードの合計で数が決まりますが、合計が0~5ならばもう一度引きます。

例えば1+4で合計5の場合、もう一度引いたのが8ならば、1+5+8=13となり、1桁目の数字を見るので、結局3になってしまいます。

8.最初の2枚の合計が8か9の場合を「ナチュラル」といい、これ以上は引くことができません。

では、実際の画像で見てみましょう

ベラジョンサイトのテーブルゲームから、

バカラゴールド(Baccarat Gold)を例にとってみます。

スタート画面です。

ピンクより外がプレイヤーに賭けたい人の領域になります。例えば実際のカジノなどで、賭ける人間が3人いれば、1、2,3のそれぞれに張ることになります。

オンラインカジノは、ライブカジノであっても、一人で参加するので、PLAYERの文字の上ならどこにチップを置いてもかまいません。

バンカーに賭けたい場合は、黄色とピンクの間にチップを置きます。

引き分けると予想する場合は黄色の内側(TIE)にチップを置きます。

ベットするチップは右下から選びます。

チップを置いてDEALをすると始まります。

この例では、プレイヤーが0+0=0となって、一の位が0です。

対してバンカーは3+6=9 のナチュラルとなり、1回目で勝負が決まってしまいました。

プレイヤーに賭けていたので、チップが没収されてしまいます。

では、次

この例では、プレイヤーが 8+0=8、バンカーが 0+7=7 なので、プレイヤーに賭けたチップが倍になりました。

今度は、再度引いた場合を見てみます。

プレイヤーが 9+4=13

1の位が3なので、5以下ですから再度引き、合計の1の位が7になりました。

バンカーも 0+0=0 なので、もう1枚引きましたが、また0が出てしまい、合計が0。

プレイヤーが勝ちました。

このように、「どちらが勝つか」にかけますので、自分の手が動くのはチップを置くときぐらいです。

賭け金を変えたいときは、CLEARを押して別のチップを置きます。

そんなわけで、ルールを特に詳しく知らなくても十分遊べます

せいぜい「カン」を働かせて、プレイヤーにするかバンカーにするか、はてまた引き分けに賭けるかを悩むくらい

究極のギャンブルなので、ハマる人が後を絶たないんですね。

バカラの無料体験をしてみたい方は、こちらから


★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする