自己規制とは 内容と指定方法

すべてのギャンブルがそうですが、中毒性があります。

最初は50ドルも遊べば。。。なんて思っても、勝てば勝ったでやめられず、負ければ負けたでつぎ込んで続けようとしてしまいます。

金額だけとは限りません。

時間だってそうです。

あと10分、あと30分、あと1時間。。。そう思っているうちに閉店時間までパチンコをやっていたなどという方、身に周りにいませんか?

パチンコなどでは、本当に自分で踏ん切りをつけるしかないのですが、オンラインカジノでは、あらかじめ規制条件を入力することで自己規制を掛けれるので、積極的に利用しましょう。

自己規制の評価はライセンス取得条件にも影響するので、オンラインカジノの信頼性を表しています。

自己責任楽しく遊ぶために、自己規制を上手に活用しましょう。

では、「ベラジョンの自己規制とは」について、内容指定方法を説明します。

まず、ベラジョンのサイトに入り、ログインします。

マイカジノ」をクリックしますと、次の画面になります。

自分のアカウントで規制を掛けるので、の「自己規制」をクリックしますと規制条件を定義できます。

条件は5つ

1.入金制限

2.時間制限

3.ゲームプレイ時間制限

4.ロス制限

5.ログイン制限

1.入金制限…最高入金額+日数を指定

入金限度額を設けることにより、一定期間内の入金総額をコントロールすることができます。 設けられた入金限度額に達しますと、メッセージが表示され、設定された日数と金額がリセットされるまで入金することができなくなります。

解除や変更には、自分でこのページより行わなければなりません。反映されるまで最大24時間かかります。

設定した入金制限は、制限設定後に行われた入金時刻と入金額から計算されます。 つまり、入金制限を設定した時刻に関わらず、行われた入金額と入金時刻により、制限期間は変動します。

例:水曜日の夜10時に「1日で$100まで」の入金制限を設定し、同時に$100を入金した場合、入金制限に達します。この入金制限が解除され、再び入金が可能となるのは翌日の夜10時となります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます。

2.時間制限…最高セッション時間を1時間単位で指定

時間制限を設定することで、一度のログインでプレイできる時間を制限することができます。制限時間に達するとメッセージが表示され、次にログインするまでプレイができなくなります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます

3.ゲームプレイ時間制限…ゲームプレイ時間(分)を指定

ゲームプレイ時間制限を設けることにより、設定した時間を経過すると自動的にポップアップ通知が行われ、ゲームプレイを継続するか中断するかを選択することができます。

4.ロス制限…最大負け金額+日数を指定

ロス制限を設けることにより、一定期間の入金額に対する負け金額を設定することができます。設けられた制限に達すると、メッセージが表示され、設定された日数と金額がリセットされるまでゲームをプレイすることができなくなります。

ロス制限は、自分で入金した金額のみが対象となります。勝利金額でのプレイによる負け金額には適用されませんので、注意が必要です。

制限の解除や変更は、自分のアカウントの規制ページより行う必要があり、反映されるまで最大24時間かかります。

制限の設定または制限の強化は即時反映され、制限の緩和または解除は24時間後に行われます。

5.ログイン制限…アカウント凍結の時間を指定

ゲームプレイをコントロールするために、ログイン制限を設定することができます。

設定された期間を経過するまでアカウントは凍結され、再開することはできません。

なお、「タイムアウト」を選択した場合、設定期間を経過するとアカウントは自動的に再開され、「自己規制」を選択した場合、設定期間を経過してもアカウントは引き続き凍結されます。自分で再開しましょう。

ログイン制限設定後はどのような理由であっても解除・変更はできません

24時間 (タイムアウト)、 7 日間 (タイムアウト)、 1か月 (自己規制)、3 か月 (自己規制) 、6 か月 (自己規制) 、無期限 (自己規制)  となっていて、選ぶことができます。

自己規制は、登録アカウントでログインすると詳しく見ることができます。

こちらからベラジョンのサイトを登録すると、自己規制をかけて楽しく遊ぶことができます。

★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら