Google Playの「カジノ王国」の金貨を「出金」できる裏技

ベラジョンはオンラインカジノなので、入金しプレイをしてキャッシュがたまったら出金できます。

これは海外での取引なので、日本の法律には引っかからない仕組みになっています。

日本では、Google Playはあくまでも課金だけで、出金することはできず、ひたすらゲームを遊ぶのですが。。。

今回。。本日から画期的なことが起こりました。

法律的な問題なく、Google Playの「カジノ王国」で得た金貨を換金できる仕組みができたのです。

ただし、これはあくまでも裏技です。

正面から行っても、普通に遊ぶしかできないので、ゆめゆめこのまま「カジノ王国」に登録してしまわないように。。。

私の話を聞いてからにしてくださいね。

そして、もしも登録して遊びたくなったらこちらから登録すること。

こちら経由でのみ、カジノとしての合法的な出金ができます。

また、こちらから(下のバナーもOK)の登録では、チュートリアル終了後にもらえる20万銀貨さらに追加で「20万銀貨がもらえ、合計40万銀貨となる特典がもらえ ます。


ちなみに、デバイスはアンドロイドです。

iPhoneはしばらくお待ちください。

こちらをクリックして下の画面が出たら、QRコードでサイトに入ってくださいね。

カジノ王国とは

「カジノ王国」は、Androidアプリとして提供されるソーシャルカジノアプリです。

よくあるソーシャルゲームアプリと同様に、基本無料でアイテム課金制という形を取っています。
スマホでGoogle Playから「カジノ王国」をダウンロードして、ユーザ登録するだけで、すぐに楽しむことができます。

ロビーに入ると、スロットがズラリ
様々なテーマの演出が、プレイヤーを楽しませてくれ、まるで、オンラインカジノのようです。
また、どのスロットも独自のスペックやレイアウトがあり、勝つためのコツも異なります。
また、スロットは「LIGHT」「MIDDLE」「HIGH」と、3種類に分けられています。

「LIGHT」は小さく当たりやすく、「HIGH」は当たりにくい代わりに、一擲千金の大当たりに期待できます。「MIDDLE」はその両者の間に当たります。

いわゆるオンラインカジノのボラティリティのような感じですね。

コツコツ資金を貯めたいときは「LIGHT」、大きく勝負したいときは「HIGH」、ほどほどに楽しみたいときは「MIDDLE」のゲームがいいと思います。

ご存じのように、普通のスマホアプリでは換金はできません

でも、「カジノ王国」がそれを可能にする仕組みは、 「ギフト機能」に隠されています。

ベラジョンなど、オンラインカジノは入出金手段を予め用意することで、ギャンブルを成立させています。

例えば、VISA入金、銀行送金などです。

でも、Google Playで提供される「カジノ王国」では、それが用意されていません。

というのも、Google Playで日本向けに配信するアプリは、「お金を使ってプレイし、賞金を得る仕組み」があるとギャンブルとみなされ禁止となり、特に「賞金を得る仕組み」となる出金の部分はネックとなります。

では、この問題を見事解決した、「カジノ王国」のユニークな入出金方法をご紹介したいと思います。

カジノ王国、入出金方法

入金はソーシャルゲームと同じように「課金」

「カジノ王国」には「銀貨」と「金貨」の、2種類の通貨が存在します。
金貨は銀貨の上位にあたり、一部のスロットは金貨でしかプレイできません。
金貨を獲得するには、下記の方法があります。
・クエストの達成
・銀貨からの変換
ショップなどからの購入
・他のユーザからギフトを受取

上記のうち、「ショップなどからの購入」がオンラインカジノでの入金に当たります。

ただ、ショップでは金貨を直接購入するのではなく、金貨やお得なパックなどと交換できる「ポイント」を購入します。
(ポイントはスロットに使うものではないので「お金を使ってプレイする」ことにはなりません)
この手順は他のソーシャルゲームでアイテムを買うのと同じで、通常のクレジットカードやGoogle Playポイントでも購入可能ですので、場合によってはカジノよりも簡単ですね!

■ギフト機能でユーザ間の金貨取引を実現


「カジノ王国」には「ギフト」機能(ピンクの矢印)があり、ユーザ同士で10種類以上ある「ギフト」を送り合うことができます。

ギフトを送るにはレベル10以上必要で、受け取るにはユーザレベル6以上が必要です。
また、レベル10以上になっても一部のギフトはレベルで順次解放されるので、すぐに全種類送れるわけではありません。

ギフトは金貨で購入する必要がありますが、購入に使った金貨のほとんどは、
なんと「還元金」として、受け取ったユーザに与えられます

例えば、80,000金貨で「ゴールデンマイク」を購入して、他のユーザに送ると、
そのユーザが78,400金貨を獲得します。

このようにギフト機能を利用することで、ユーザ同士で金貨の受け渡しや、取引が可能になります。

しかし、それでも金貨はゲーム内の通貨でしかなく、このままではやはり出金できません。

そこで「カジノ王国」は、ある「神様」のおかげで、出金を可能にしています。
その「神様」とはいったい何でしょう。

■「神様」をみつけよう!七福神ユーザと取引をして、外部で出金

「カジノ王国」をプレイする時にチャットを見ていると、たまにちょっと違う感じのユーザを見かけることがあります。

神様のようなアイコンで、名前も「弁財天」、「大黒天」といった、神様モチーフとなっているユーザたち。
このユーザたちは「七福神ユーザ」と呼ばれますが、その正体は「RMT業者」です。

出金は、業者たちとチャットによる密談で連絡し、ギフト機能を通じて金貨を送り、買い取ってもらう形で行われます。
業者がギフトから金貨を受け取ると、LINE Payや銀行送金などで対応してくれます。

RMTとは

「RMT」とは「リアルマネートレーディング」の略で、ゲーム内の仮想アイテムや通貨などを、現実のお金で売買することです。

日本のオンラインゲームでは不正行為やトラブル防止などのために、利用規約でRMTを禁止するケースが多いですが、RMTを行うこと自体は法律で禁止されていません。

実際、RMTを容認するタイトルや、最初からRMTが行われる前提で設計されたタイトルも存在します。
「カジノ王国」の場合、RMTを規約で禁止行為としていないので、ユーザ間で金貨の取引をしても問題ありません。

また、RMT業者は七福神ユーザという特殊なアカウントを使用していますが、実際の彼らはゲーム運営会社とは繋がりがありません。

つまり、パチンコ店で遊んだプレイヤーが出玉を景品に交換し、景品を外部の業者に売って換金する、いわゆる三店方式と同様です。
「カジノ王国」はこの方式を採用することで違法とみなされるリスクも排除しているので、安心して遊ぶことができるんですね。

尚、この内容はカジノ王国の公式サイトに公開されてははいません

対象が12歳以上ですし、表向きの公開は控えているためと思われます。

実際のオンラインカジノゲームと同等の働きをするのは、日本で最大手の「オンラインカジノASP・侍クリック」とタイアップしているからです。

というわけで、入出金ができるオンラインカジノとして遊びたい場合は、こちらから入って、アカウントを作ってくださいね。

次のバナーからも入れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする