還元率 ペイアウト率

ベラジョンはオンラインとはいえカジノなので、ギャンブルになります。

ギャンブルである以上、「勝ちたい!」、「勝って儲けたい!」と思いますよね。

でも、実際どのくらい儲かるんだろう。。。の指標があります。

還元率 とか ペイアウト率がそれにあたります。

同じもん? 日本語と英語の違い?

ほとんど同じ意味で使われますが実は厳密には違っています。

還元率は、ギャンブルをする場合に、「プレーヤーが賭けた金額に対して、ベラジョン側が払い出した金額の割合」を言います。

例えば、プレーヤーが100ドル賭けて遊んだ結果、97ドルが戻ってきたとしますと、還元率は97%となります。

対して、ペイアウト率は、「ベットしたチップ(コイン)の枚数に対して払い出されるコインの割合」のことを言います。

ゲームごとに設定されている理論値のようなものです。

RTP勝率とも言います。

「チップ=金額」のようなものなので、紛らわしいのですが、例えば、ペイアウト率が97%に設定されているゲームで遊んだ場合、プレーヤーが全部で100コイン使った場合に戻るコインの理論値が97コインということです。

あくまでも理論値であり、たくさん遊べば遊ぶほど近づいていきます。

じゃぁ、絶対儲からないじゃないか。。。とお思いかもしれませんが、そこはまた、ちょっと違うのです。

例えば、スロットなどでは時々大当たりが出るのですが、そのままやり続けるとだんだん理論値に収束されていきます。

なので、見切り時が大切ですね。

また、ペイアウトは、カジノ全体で収支するので、誰かが勝っても誰かが負けてうまい具合に運営ができているのです。

さて、いろいろなギャンブルのペイアウト率を見てみましょう。

ギャンブルをイメージしますと、パチンコや競馬、競艇、宝くじなどが思い当たります。

ペイアウト率は、パチンコが約80%、競馬や競艇が約70%、宝くじは約40

オンラインカジノは、95%以上(ゲームによって違います)になっています。

ベラジョンでは、このブラックジャックのRTP(Return To Player)が99.6%

こちらのバカラは、

バンカーのRTP・・・98.94%

プレーヤーのRTP・・・98.76%

TIEのRTP・・・85.64%

となっています。

スロットは一般に低いのですが、

このスロットは、96%

他のスロットも96~97%くらいになっています。

オンラインカジノは施設の維持費がなく、公的な税金もない(日本では競馬や競輪、宝くじは公営ギャンブルとなっているので、税金がかかります)ので、高いペイアウト率で運用ができるのです。

特にブラックジャックなどは100%以上のものもありますから、ねらい目です。

もしも、日本に公営カジノができたとしたら、やはり税金が取られるので、オンラインカジノよりはペイアウト率が低くなることが予想されます。

リアルカジノの雰囲気を純粋に楽しむならおすすめですが、儲けたいと思うのならばオンラインカジノのほうがベターかと思いますよ。

ベラジョンで遊びたい場合は、まずはベラジョンサイトを見てみましょう

遊び方や入出金方法などの日本語マニュアルを見ることができます。

サイトに入り、マニュアルを読んでみてから無料体験や無料登録をすることもできますよ。
無料体験をすると、ペイアウト率を実感でき、自分の好みに合ったゲームを探すことができます。

★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする