スリンゴ 新形式の新ゲーム アンティアップ(Slingo Ante UP)

私は良くスリンゴで遊びます。

理由は、スピンごとのベットがかからないから財政ピンチの時など気楽に遊べること。

少しは自分で考えながらも進めることができるので、運だけが頼りではないところ。

スリンゴについては、新登場 スリンゴとはに書いてあるのでまだ遊んだことのない方は読んでみてくださいね。

今回、ベラジョンでは、今までのスリンゴと形式の違うものが出ました。

スリンゴアンティアップアイコンスリンゴ アンティアップ (Slingo Ante UP)と言います。

Anteって、ポーカー好きならピンときますよね。

前もって賭ける「場代」というか、ゲームに参加するためのベットのことです。

一般のスリンゴでは基本ベット額を決め、10個また場11個のボールをスピンします。

最後にビンゴがいくつかできたとき又はリーチがかかったときは、それでやめるのか、スピン代を払ってもう1回回すのかを決断します。

リーチがかかっているときのスピン代は結構高いので、あきらめることもままあります。

ところが、このスリンゴではスタートする前何個のボールを持つかを決めてから始め、終了したときに追加のスピンをすることができません

わかりづらいですよね。

画像で説明します。

一般のスリンゴ  ゲームスタート時11個で、最終何かできそうなら、追加ベット代を支払ってもう1回回すことができます。

スリンゴEXTREME

スリンゴ アンティアップ

ベースの掛け金だけではなく、スピンを何回回すかも選ぶのです。

デフォルトは10回でベットは0.2ドル。

でも、12回を選んでみます。ベットは0.54ドルです。

スリンゴアンティアップ

これがまた、結構ヒットするのです。

遊び方そのものは一般のスリンゴと同じで、こんな感じなのですが。。

スリンゴアンティアップ

12回も回すと、できる確率がかなり上がります

13回を選ぶと0.85ドルになるので、4スリンゴができてもまだペイしません。

でも、逆に15回ですと大きな報酬になることも考えられるので、思い切って15回もアリですね。

なんだかんだで1回に2ドルできることも多く、結構プラスで折り返しました。

回数が決まってしまうのは詰まらない方もいるとは思いますが、これはこれで楽しいです。

★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら(日本向け登録サイト、特典付き)

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする