ライセンスの信頼性と強度

オンラインカジノのゲーミングサイトは、ライセンスを保有し、それが信頼性の証であることはお話ししました。

さて、ライセンスはどのような国が発行し、何を調査(審査)して許可を出すのか、厳しさはどの国も同じなのか。。。気になるところです。

オンラインカジノは儲かるので、さっさと許可を出し、税金をガッポリもらいたい。。。なんていう危印の国があったら大変です。

そこで今日は、ライセンス発行国の種類や審査の内容などのお話しをしてみようと思います。

ゲーミングサイトが審査の申請をしますと、約半年間の厳正な調査期間を経て結果が出ます。

その半年間はゲーミングサイトは休業しなければなりません。

ライセンスを発行してもらうには、ザックリといいますと次のような審査が行われます。

■運営がスムーズに行われるための十分な資金が確保されているか・・・半年間の長い時間をかけるので、一時的な見せ金などでは審査が通りません。

■運営者の経営能力は適正か・・・過去にトラブルがないかなども

■ゲームの公正さを保つ仕組みが備わっているか・・・使用ソフトの信頼性もチェックされます。使用ソフトも監査を受けていて、公正なRTP勝率を保っているかなども審査

■正しく法律を守る(法令遵守)仕組み、法令に則って運営する仕組みが備わっているか

■マネーロンダリングや反社会的勢力(マフィアや様々な犯罪者)と関与しないこと。また、関与しない仕組みづくりがなされているか

何しろ大きいお金が動きますし、出金がスムーズに行われるためにも運営資金は大切です。

しかも、認可された場合、半端なく高額なライセンス発行料を支払わなければなりません。

当然税金(ゲーミング税)の納付義務も付いて回ります。

ライセンス取得ですべてが終わるわけではなく、その後適正に運営されているかは抜き打ちでチェックが入ったりと、運営者も大変です。

そんな訳ですから、特に長く運営されているということは大きな信用となります。

世間には、2000以上ものオンラインカジノサイトが存在していても、中にはライセンスを取得していなかったり、過去に悪さをしていて名前を変えて再登場しているなどという危ないサイトもあるのです。

たくさん勝って気分よく遊んでも、出金がスムーズでなかったり、連絡が取れなくなったりするのでは元も子もありません。

安全で安心なサイトの見分け方は、まずライセンス。

どの国のライセンスをいつ頃から取得しているか」を調べ、大切なお金を捨てることにならないように気を付けましょう。

では、ライセンスの強度。。。つまり審査基準や審査そのものの厳しさで比べてみます。

まず、最強なのは、ヨーロッパやEU諸国の発行したもの。

特にイギリスやイギリス連邦の国が発行しているのは大丈夫で、安心して遊べます。

たとえば、厳しさで有名なのがヨーロッパやEUなどですが、

・イギリス

・マルタ共和国

・キュラソー

・マン島

・オルダニー島

・アイスランド

・ジブラルタル

などがそれにあたります。

そのほか、オーストラリア、カナダ、フィリピン、ドミニカ、アンティグアなどは比較的強いと思われます。

例えば、キュラソーなどはベネズエラのすぐそばにあり、南米ではありますが、オランダ公国の構成国で信用があります。

コスタリカやパナマなどは今一つ政情が安定せず控えた方が良いかもしれません。

ちなみに、最強と呼ばれるマルタ共和国でライセンスを取得しているゲーミングサイトは、

ベラジョンカジノ

カジノシークレット

インターカジノ

カジ旅

チェリーカジノ

などです。

★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら

初回入金ボーナスカジノ別具体例を知りたい方は⇒こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ワンダーカジノ登録600