5月5日のスタンプラリーはライブカジノ テキサスホールデム

ゴールデンウイークも、もうあと少し。

遊び疲れていませんか?

息抜きにベラジョンのスタンプラリーをするのも楽しいですよ。

遊ぶだけで、スタンプがもらえます。

9日目の明日はホールデム。

ただしライブカジノで、テキサスホールデムです。

ホールデムの遊び方はもう記事にしてありますが、大筋は同じと思ってください。

遊び方の基本はポーカーです。

メインの画面から、トーナメントを選びます。

19時になると始まりますから、開催中のスタンプラリーを見て、このアイコンをクリックします。

一般のテーブルゲームのカジノホールデムの画面はこちら↓

対して、テキサスホールデムはこのようになります。

ライブカジノ感満載ですね!

最初のチップを「アンティ」に置くのですが、テキサスのほうは、隣にも置かれて、合計の掛け金となります。

テーブルゲームのカジノホールデムでは、5枚配られたところで「コール」か「フォールド」かを聞かれて、賭けは1回ですが、テキサスは何度もやってきます。

まず2枚配られたところで、チェックするか聞かれ5枚そのままのチェックか倍掛けするか聞かれ、7枚でまだ聞かれますが、この時初めて「フォールド」を選べます

「コール」と同じ意味が手前の「プレイ」。

2枚配布時点で「K」と「9」だったので、1回「チェック」。

5枚目配布で、さらに「K」と「9」の2ペアができました。

そこで、もう一度「チェック」。

7枚目配布時点が最終の判断となります。

真ん中の5枚は、プレイヤーとディーラーの共有カードなので、ディーラーが何を持っているのかを考えます。

ディーラーの隠れカードが「A」「5」「8」のペアだと3カードとなり負けてしまいます。

また、「A」「K」「9」のどれかを2枚持っていると2ペアとなりますが、いずれの確率も低いと考え、「コール」つまり「プレイ」をしました。

なので、「プレイ」の場所にもチップが乗っています。

どんどんレイズしていくので、自分の所持金とにらめっこをしながら遊ぶ必要があります。

こちらは、プレイヤーが勝った場合の画面です。

5枚配られたところで「K」のワンペアができ、共有カードの残りが低い数字だったので「プレイ」した結果、勝つことができました。

頭を使い、勘を働かせて遊ぶ、楽しいライブカジノです。

ぜひ、5月5日のスタンプラリーで、遊んでみてくださいね。

★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら