ベラジョン 新スリンゴ 「カスケード 」はルール簡単で連鎖がツボ!

そろそろスリンゴの新ゲームが出ないかなと思って、新登場を検索したら。。。

ありました。

スリンゴは好きなので、気になります

Slingo Cascade

スリンゴ カスケードと読むのかな。

Cascadeは、「滝になって落ちる」という意味があるようなのですが。。。

早速やってみます。

スタートの画面はこちら。。。どこが滝?

とりあえず始めます。

やはり、スリンゴのゲームの画面

でも。球は9個しかありません。

すぐ終わってしまいそうです。

ただ、3ライン目から賞金が出るので、額は少なくても嬉しいですね。

でも、19ラインなんて、どうやったらできるのでしょう?

縦・横・斜めを合計しても。5+5+2=12ラインですのにね。

2回目をスピンしたときに、エンゼルが出てきました。

ステッキを振って、何個か開けていきます。

5個があっという間につながって、すとんと落ちていきました。

これが「」なんですね。

ラインごと樽のマークが消えました。テトリスみたい。

また、エンゼルが出て、あっという間に3ラインが出来上がり、

合計7ラインになったところで終わります。

スピンの追加購入か、コレクトして終了するか聞かれ、終了しました。

次のゲームもエンゼルが。。。今度は2人です。

どんどん樽に火をつけていき、ラインがそろい始めました。

できたラインは崩れ落ちます。

続いて、また3人のエンゼル

さぁ、どこまでラインが増える?

なんと11ラインまで増えてしまいました

このゲームの面白いところはもう一つ。

スピンで空いた数字の列には、また新しい数字が現れます。

現れた数字が樽の番号と一致したら、また新しい数字が出て、次々に樽に火をつけていき、一致しなくなるまで続きます。

つまり、スピンの球は9個しかありませんが、どんどん連鎖して樽に火がついていくのです。

これは面白い

ルールはとても簡単なのですが、連鎖でどんどんラインが出来上がっていく様はスリルがあり、わくわくします。

賭けた金額より賞金が多い場合には、海賊がお祝いしてくれました(笑)。

これは、エンゼルの出方によっては、ラインが半端なくできるので、楽しかった。

おススメです。

★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら

初回入金ボーナスカジノ別具体例を知りたい方は⇒こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする