新登場 あのモノポリーがスリンゴに

モノポリーという遊びをご存じですか?

アメリカのゲームで、人生ゲームの原型のような遊びです。

ダイス(サイコロ)を振って、目の数だけ進み、進んだ先の土地を買ったり、共同募金に寄付したりと、子供のころ熱中して遊んだ経験があります。

ちょっとしたアメリカンドリームで、おもちゃのドル紙幣を使って土地やビルを買いあさったものです。

そのモノポリーが、「スリンゴの新ゲーム」になってベラジョンに新登場しました。

招き猫も遊んでみましたので、様子をご紹介します。

面白そうなスタートです。

ロールをクリックすると、ダイスが振られます。

ダブル(ぞろ目)が出たら、1回フリーロールをもらえます。

実際にはこのようにカードが置かれ、2個のダイスの合計目数分車が進みます。

車が止まった位置のカラー(この例では水色)のカードが裏返されています。

ジョーカーに泊まるとカード選択。選んだカードの色が赤ならば、赤い物件が開かれるというわけです。

止まった場所が悪いと、刑務所行きになることも。

事前に共同募金に止まっていればそれを使って釈放されます。なんか、本当にモノポリーっぽい!

GOを通るたびに賞金が追加されるのも、モノポリーですね。

行く先々の色のカードが裏返しになって、この例では左から3・4列目が5枚揃ってスリンゴ

左上をスタートにした斜め5枚のスリンゴ

そして上から4列目もスリンゴで合計4ラインスリンゴができたので賞金$0.3になりました。

やっていると結構楽しく、スリンゴを出すにはダイスがいくつになるといいとか、刑務所行きは避けたいので、この数だけは出ないでほしいとか、ついつい遊んでしまいました。

単純な遊びではないので、好き好きかとは思いますが。。。


★ベラジョンをすぐにでも登録して遊びたい方は⇒こちら

★ベラジョンとはどんなカジノなのかまず知りたい方は⇒こちら

図解で詳細を記した登録方法のページは⇒こちら

ベラジョン以外のカジノについて知りたい方は⇒こちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする